*All archives* |  *Admin*

2007/05
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




旧芝川再生プロジェクト ~ 大都会ドブ川の奇跡
 とある番組で、数年に渡って、旧芝川(おそらく元々は荒川の支流)の再生プロジェクトを取り上げていています。その川は、数年前までは、都会にありがちな、異臭を異臭を放つドブ川でした。当然生命体など生きられる環境ではないし、付近住民だって近付かないようなどうしようもない川でした。

 その番組は、旧芝川再生の為にあちこちに働きかけ、様々な企業や様々なスペシャリストを投入しています。年々確実に浄化され、数年前には「大都会のドブ川」でしかなかったその川に、例えばカワセミが住み着くようになったりとか、確実にその成果が出ています。

 今日の放映では、旧芝川に基準値をクリアするレベルで排水を流している製紙工場がクローズアップされていたのですが、それも工場側の協力と番組の働きかけで、更に浄化する為の取り組みをそれぞれが真剣に考え・・・。

 そうやって、関わる人達(企業、付近住民etc.)が、真剣に取り組んでいるにも関わらず、綺麗になりつつあるその川には、普通にごみが捨てられている。そう、何処にでもいる、と言うか、この世の中の多数を占める心貧しいクズの為せる技。


 都内では特に増えましたが、歩きタバコを条例で禁止している地域。誤解の無いように言っておきますが、私は喫煙者です。ただし、一時期ちょっとした事情がありまして、家に居る時以外は絶対にタバコは吸いません。タバコを吸う方はよく分かると思いますが、飲んでいる時はとにかく吸いたくなる。酒飲みでもある私ですが、外に居る時はどれだけ酔っていても吸いません。

 そこまで徹底してるなら、禁煙すれば?とよく言われるのですが、禁煙する気は全くないです。でも絶対に外では吸わない。

 そんな私だからでしょうか、歩きタバコを禁止している地域、しかも足下にその旨書いてある所で普通に歩きタバコをして、しかも吸い殻をポイ捨てするお馬鹿がやたら目に付く。彼等には「マナー」という言葉の意味は分からないらしい。でも、そういう奴らに限って、自分の権利だけは主張する。


 御存知でしょうか?
2020年とか、2040年とか若干のばらつきはあるようですが、その頃には地球温暖化で北極の氷がほぼすべて溶けてしまうらしいです。
それが何?と思われる方、今すぐ首吊りなさい!生きてる資格無いから。

 そんなお馬鹿の為に予備知識。

地球上の氷がすべて溶けたら、世界中の海抜(意味が分からなければ調べろ!)は60m上がります。単純に考えて、東京23区はほぼ海の底ですね。 (^_^)
北極だけならそこまでひどいことにはならないけど、それでも23区の多くはやはり海の底になる。更に、地球上の気温は全体的に高くなり、きっと異常気象とか当たり前のように起きる。

そう書いたら、お馬鹿なあなたにも少しは事の重大さを理解できますか?快楽だけ求めて生きてる場合じゃないよ!


 2040年だとしても、きっとこのブログを読んでるほとんどの人は、未だ人間やってますよね。つまり他人事ではないんです。そして、旧芝川の例だってそう。歩きタバコの例もまた然り。

 でも、みんな所詮は他人事。危機的状況にならないと、きっと何も変わらないんだろうな、残念ながら。どこかの国で、核ミサイルの発射ボタン、間違って押してしまえばいいのに!

 そう考えると、地道に環境を正常な方向へ作用させようとしている人達、素晴らしいと思う。でも、それって、他人事みたいに思ってる「大多数の人」が、ほんの少しだけ考え方を変えれば、もっと大きく変わるんだよね。
スポンサーサイト




本当に安全?
 昨日の大阪でのジェットコースターの痛ましい事故の為に、あちこちの遊園地でジェットコースターを初め、乗り物の安全点検を行ったとか。
良い傾向だと思います・・・と言えればいいのだけど、シニカルな私としては、何故、事故が起きたからと言って、一斉に点検の為にGW最終日に乗り物を止めるのか?

「当施設では万全な点検を日常的に行っているので・・・」と胸を張って言える遊園地は、この国にはないって事?と思ってしまう。

いい加減な点検しかしてません!と世間にアピールするだけである事に気付いていない。


 事故を起こした管理会社に至っては、TV局のインタビューを受けた社員が

「そんなの俺の知った事か!」と。

確かに事故が起きたのはあんたのせいじゃないと思うけど・・・。
おそらく全国ネットでのあの回答はまずいでしょ。きっと彼は減俸か懲戒解雇になるでしょう。
トカゲの尻尾切り・・・。


 もっと自分の仕事にプロ意識は持てないのだろうか?
好きで今の仕事に就いている人はけっして多くないと思います。でも、みんな仕事だから、と割り切るし、仕事だから、と責任感を持ったりする。

なのに、人の命に関わる仕事をしているはずの保守点検を行う会社がいい加減な仕事をする。何も感じないのだろうか?

ここの所続いている、エレベータの事故だってそう。

もしそこに、自分や自分の家族が居たら・・・とか考えないのだろうか?

適正以前の問題でしょ。人としてどうか?
う~ん、困ったもんだ!


と言うか、日常乗っている交通機関やエレベータや、その他諸々、本当に安全なのかな?




無神経な奴ら・・・



 以前取り上げた「ブレイブ・ストーリー」。前回取り上げた時は、ちょうど映画が公開されている時で、文庫本が発売されて間もなくしてからの時期だったと思います。

 原作は、一気に文庫本で読み、映画ではどうなっているのだろう?と結構気になりながらも映画を見ないまま今日に至る状態。
で、今日映像を見て、ストーリー的に、あれはあれでありなのかも、と思います。文庫本で言うと、上巻・中巻はかなり端折っていて、下巻が中心になってましたね。

 えっ、あのシーンカットされてるの?と言う所、結構たくさんありました。登場人物も、原作では結構目立っていた人が居なかったり、設定もかなり変えてあったり、と。
映画でありがちなパターンではあったのですが、でも、映像、面白いですね!
ジブリの作品とは一味違う作りで、思い切りCG使いまくり、みたいな感じです、特に後半は。あの描写、賛否両論出そうな作り方ですね。


 でも、基本的に、ジブリの作品を含めて、アニメ映画に興味を持たない私としては、「ブレイブ・ストーリー」は結構好きですね。
そして思ったのが、あの映画、子供向けではないですね。むしろ、大人に見て欲しい。

 「自分だけ良ければ、後はどうだっていい」

 ミツルの台詞ですが、あの映画の根底にあるのはきっとそこなのかな?と思います。ホントに自分だけ良ければいいの?と。たぶん、それに対する答えが表れているのがあのエンディング。あのエンディング、結構ホッとしますよね。

自分だけ良ければいい、という大人が多過ぎるから子供達は平気で人を傷つけるようになる。そして、それに気付いていない我が儘な大人が多過ぎる。
だからああいう映画ができるのでしょう。本当にあの映画は子供ではなく大人に見て欲しい映画ですね。


 日々仕方無しに1時間ほどの電車通勤をしてますが、ホントに嫌いなんです、電車通勤は。無神経な大人が多過ぎるから。きっと、私はワタルではなくミツルのタイプですね。ミツルほどの力を持っていたら、その場で無神経な大人達を消し去っているでしょう、そいつの家族の事など考えずに。

こいつ、生きてるだけで人の迷惑だからと。


 色々な意味で、考えさせられる事の多い作品だと思います。本当に、無神経な大人には見て頂きたいし、原作を読んで頂きたい。

そして、聞きたい。
この作品に、あなたは何か感じますか?と。

無駄な事は分かっているけど、でも・・・。

それにしても・・・寂しい世の中ですね。










Web検索

お気に入りリンク
訪問してくれた方の数



Since July 27 ,2007



sugarsync_logo.gif


忍者AdMax





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。