*All archives* |  *Admin*

2007/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




「Second Life」いけるかもね

desktop


 さて問題。

上の画像を見て、「OS」は何か分かるかな?
因みに「OS」ってのは、ユーザー・サポートとかで説明する時におそらく「基本ソフト」とか言ってるはず。普通の人にとっては「Windows」の事だと思ってほぼ間違いない。MacOSとかUnix系使ってる人は別として。



 で、回答。

Windows XP。


 画像が小さいからわかりにくいと思うけど、「Vista」っぽいこのOS、「Vista」なんかじゃなく、「XP」なんだよね。グラボ(=グラフィック・ボード)を変えてから、「Second Life」は入れるようになったけど、腹立つ位落ちまくる。MS-Office使ってても落ちるし、プロパティを開いただけでも落ちる。

 新しいPC作るには(買うんじゃなく)もう少し時間が掛かりそうなんで、OS落としたら(=XPに戻したら)もしかしたら少しはまともに動くんじゃないかな?と試したら、面白い位に安定しやがった。

 外見だけ「Vista」っぽくしてみた。
「Window Blinds」というアプリがあって、それ使うと、見た目「Vista」みたいな感じにできる。「Vista」のインターフェース(=外見、かな?)、結構好きだから、らしくしたかった。でも、うちのPCじゃ、いや、今の(ハードウェア)構成ではまともに「Vista」は動かない。

 今は、見た目「Vista」だけど、実際の「OS」は「XP」だから、思ったよりすんなり動いてくれる。試しに、「Second Life」に入ってみたら、案の定、今までからは考えられない動作をしてた。

login1


 今までは、ログインしてから暫く画面がぼやけてたんだけど、今はログインした途端上の画面。この差は大きいよね。暫く、画面を開きっぱなしにしてたんだけど、とりあえず、今までみたいには落ちない。

 「Vista」が恐ろしくリソースを食うのに加え、ハードウェアの相性だね。だって、今まで使ってたグラボは、もっと古いタイプなのに、問題なく動いてたんだから、「Second Life」に入れないことを除いてね。

 PCを自作する人にとって、「ハードウェアの相性」はかなりシビアな問題。
俺みたいに落ちまくったり、場合によると全く動かなかったりする。そこに、更に相性の悪いアプリケーションなんか入れちゃったら・・・笑えない。だから、敢えて、相性の良くないXPに落とした。

 ま、でもこれで、今後は「Second Life」いけるかもね。
もう少し頻繁にサイトを更新できそう。ハードウェアが原因で更新できないのはちょっとね。それでも、Vistaをストレス無く動かせるPCを年内に作るつもりでいる。あれはあれで面白い。

 因みに、今日気付いたんだけど、このサイト、Firefoxで見てる人には、左寄りになってるはずなんで、まともに見たかったら、IEで見てね。この件については、近い将来、「必ず」触れる。
スポンサーサイト




和製Second Life
 ご存じの方も居るかと思うけど、今冬株式会社ココアが「Second Life」みたいなメタバースの「α版」をリリースするとか。名前は「meet-me」。

 ユーザーがメタバースで様々な活動ができるのは「Second Life」同様だけど、最も特徴的なのは、「現実の東京23区内の建物を精密に再現した街を作り、季節や天候も現実世界を反映させる。東京で桜が咲いていれば仮想空間でも桜が咲き、東京で雨が降っていれば仮想空間にも雨が降る――といった形にする」(ITmediaの記事より抜粋)のだとか。

 実はココアという企業は、トランスコスモスとフロム・ソフトウェアと産業経済新聞社による合弁企業で、メタバースの構築・運営などを目的に設立された純粋な日本の企業。

 「meet-me」は、主に日本人ユーザーを意識して作られるらしいので、「Second Life」で言葉の問題に躓いた日本人ユーザーには好都合かも。また、「エロやギャンブルはやらない」(ココア:森山社長)という事で、やはり平和な日本人向け、かな。

 基本的には建物やアイテムなどをすべてユーザーが作っている「Second Life」とは違って、たいていのものはあらかじめ提供されていて、「受け身のユーザーも飽きずに楽しめるようにする」(ITmediaより)との事で、初心者でも楽しめるみたい。

 「Second Life」同様、専用のアプリケーションをPCにインストールして遊ぶようになるらしい。要求されるスペックは「Windows Vistaが動く程度のマシン」になる見込みで、一部機能は携帯電話からも利用可能にする予定があるとの事。スペックの低いPC使ってる人、買い換えた方がいいかもよ。(^_^)



 記事を読んでて思った。
「将来的にリアルとメタバースをリンクさせる事を考えてたりするんじゃないかな?」ってね。

 例えば、楽天みたいなweb上のショッピングモールをメタバース内に作って、そこで買い物をしたら通常の買い物みたいに商品が手に入ったりとか、メタバース内で公共料金とか支払いができたりとか。そう、実際に外に出なくても、今と同じような日常をメタバース内で送れてしまうような、そんな世界。

 わざわざ企業を立ち上げてメタバースを作る位だから、遊び目的だけではないだろうし、その目論見がいい方向へ進むならいいけど、行く先を見失ったらちょっと怖いね。



 そう言えば、先日「Second Life」関連で調べ物してたら、面白いサイトを見つけた。そう遠くないうちにできるんだろうな、と思ってたら、やっぱり!みたいな感じで・・・。その話題については、また次の機会に。




Adobe Dreamweaver CS3



 前回紹介した「Illustrator」に引き続き、今回も「CS3」関連のお話。今回は、「その後のDreamweaver」とでも言ったところかな?











 以前取り上げた「Dreamweaverレッスンブック」は、「CSSをうまく使うとここまで色々な事ができる」という事を、Dreamweaver初心者が体験するのに向いてると思うし、「Webサイトを作る面白さ」の一端を感じる事のできる本だと思う。



 「Dreamweaverレッスンブック」で得た知識より更に実践的なスキルを身に付ける為に今読んでるのが「Dreamweaverプロフェッショナル・スタイル」。

 Dreamweaverの第一人者数名によるセミナー形式で書かれている本で、単なるリファレンス(参考書)とはちょっと違う。「現場での実務」を考慮して書かれている為、人によってはすべて読む必要もないはずだし、きっと読んでも理解できない事まで触れている。

 それでも「Dreamweaverレッスンブック」みたいな入門書を読んである程度以上理解した人なら、「Track B(Webプログラミングトラック)」以外は「何となく」でも理解できるだろうし、「Track B」も、「Spryフレームワークの活用」あたりは、かなり参考になるのでは?「Track A」の「CSSハック」あたりもね。



 前回の「Illustrator」の時も書いたけど、アドビの公式サイトから30日間すべての機能を使える体験版を無料or安価で入手できるから、興味ある人は使ってみるといい。
 その後購入するかは別としても、何故こうして「Adobe CS3」関連を取り上げるのか、理解してもらえると思う。



 「Adobeネタはどうでもいいから、Second Lifeネタは?」と思っている方へ。
 
 しばらくは取り上げないので悪しからず。
うちのPCの動作が不安定になってて、「Second Life Viewer」を立ち上げると、落っこちてしまうのさ!現在PCの調整中だけど、しばらくは無理だろうな。
もうちょっとPCが安定したら再開するから、それまでは別な話題で・・・。




Adobe Illustrator CS3
 今回もまた「Second Life」ネタから離れます。今回のテーマは「Adobe Illustrator Creative Suite 3(=CS3)」。



 先日、「CS3 DESIGN PREMIUM」を手に入れました。
「CS3」を使ってみたい方、アドビの公式サイトへ行くと、30日体験版が無料または格安の価格で、各種手に入ります。

 そして、大きな声じゃ言えないけど(^_^)、アドビの公式サイトから入手した体験版は、ある種の人間の手にかかると、あら不思議!製品版に化けちゃうんだよね。



 世の中には、「ハッカー」と言われる人が存在します。でも、世間で言う「ハッカー」という言葉は、使い方を間違っている。

 「ハッカー」は、他人のパソコンに悪さしたり、他人のサイトやパソコンに勝手に侵入するような奴らを差す言葉ではなく、「オールマイティに様々なコンピュータ技術に通じる人々の総称」(Wikipediaからの引用)を指す言葉であり、決して悪い意味ではない。

 世間で言う「ハッカー」は厳密には「クラッカー」と言われる人達で、「ハッカー」とはある意味別物なんだよね。これに関しては、「Request for Comments(=RFC)」と呼ばれる、インターネット関連の取り決めの文章の中で、きっちり定義されてる。番号は忘れたけど・・・。

 因みに、不正にアプリケーションを入手して、利用する奴らは最近では「newbie(=ニュービー)」というカテゴリーに入るらしい。
 
 「ハッカー」とか「クラッカー」になるのと違って、「ニュービー」になるのはそう難しい事ではない。ちょっとしたコツさえ知ってれば、「Windows」や「MS-Office」の新しいバージョンが出れば、普通に(無料で)使ってるし、「CS3」の体験版が製品版になったりするんだよね。






 とまあ、余談はこの辺にして、「Adobe Illustrator」に興味はあるけど、使い方が難しそうだから・・・という方にオススメなのが「Illustratorレッスンブック」。

 アプリケーションの基本操作から始まって、ベジェやオブジェクトの基本操作、便利な機能の解説があったりするし、終わりの方はかなり実践的な解説や練習問題まであるので、これ1冊やったら普通に「Illustrator」を使えるようになりそう。初心者にとっては、こんな事までできるんだ!という参考にもなるしね。

 実際に自分でも読んでるんだけど、結構面白い!今まで「Illustrator」の入門書をやってみたけど続かなかった人は是非1度読んでみる事をオススメします。「Illustrator」を使えるか使えないかで、作れるサイトの幅はかなり変わってくると思う。

 アドビの公式サイトから体験版を入手して、この本で使い方を覚えるのもありでしょ。因みに、入手した体験版は、ライセンス(=シリアル番号)を購入するか、クラックすれば(爆)、そのまま製品版として使えます。

 「Webサイトなんて作らないから・・・」という方でも、高度な「お絵かきツール」として結構楽しめると思う。
試してみては如何?







Web検索

お気に入りリンク
訪問してくれた方の数



Since July 27 ,2007



sugarsync_logo.gif


忍者AdMax





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。