*All archives* |  *Admin*

2017/09
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




「Ubuntu」をWindows上からインストールしちゃお!
 タイトル通り、今回は「Ubuntu」のインストールについて。

 前回書いたけど、「Ubuntu」はLinuxでありながら、Windows上のアプリケーションと同じように、簡単にインストールやアンインストールができます。

 その時に必要になるのが「Wubi」というツール。「Ubuntu」のインストーラで、このリンクから落とせるのはバージョン「7.04」。

 現在、雑誌の付録とかで手に入るのは「7.10」。
もし「7.10」が欲しいのならこのリンクから落としてください。

 ちなみに、このリンク(上と同じ所だよ~)からは「7.10」の他に、間もなく正式リリースされる次期バージョンの「8.04」も落とせます。
「Firefox 3」とか入ってるらしいので、新しい物好きな人は試してみてもいいかも。ただし、「8.04」を落とす時は一番日付の新しいものを・・・。


 で、上記いずれかのリンクで、「セキュリティ保護のため・・・」というメッセージブラウザに出たら、そのバーをクリックして「ファイルのダウンロード」を選択して、ファイルを自分のPC上の好きな所に「保存」。慣れない人は、デスクトップが無難かも。どうせ後で消しちゃうから。

 ダウンロードしたファイルをクリックすると、下のような画面が出ます。

inst01.jpg



 基本的にパスワードだけ入力して、右下の「インストール」をクリックすればOK。この画面、パスワード以外はPCの環境から勝手に判断してくれるようです。
ブランクで通るかは試してないので不明。パスワード不要の場合、ブランクで試してみて。



 左下の「デスクトップ環境」は、画像では「UbuntuStudio」になってるけど、デフォルトでは「Ubuntu」。

バージョンによって若干違いはあるものの、基本的に「Ubuntu」「Kubuntu」「Edubuntu」から選べます。

「UbuntuStudio」は7.04のみの選択肢みたいです。他のバージョンの場合、インストール完了後、パッケージマネージャーからインストールしてください。


各環境は次の通り

Ubuntu:Ubuntu標準でデスクトップ環境は「GNOME」
Kubuntu:デスクトップ環境に「KDE」を採用
Edubuntu:教育現場用にカスタマイズ
UbuntuStudio:音楽や動画編集等のマルチメディア用にカスタマイズ



inst02.jpg


 後はこんな感じで画面が進むので、終わるまでじっと待ち続けるだけ。
環境によって変わるけど、だいたい1時間前後かな。

 ファイアウォールを入れてる場合、ここまでに何回か、許可を求めるポップアップ画面が出てくるのですべて「許可」とか「OK」のボタンをクリック。

 最後まで終わると、「再起動」を求める画面が出るので、そのまま再起動しちゃってください。


------------------------------------------


 再起動後は、「Windows」と「Ubuntu」の選択画面が出るので「↓」キーで「Ubuntu」を選択すると、後は勝手にやってくれます。

 ただし、使ってるチップセットやグラフィック・ボードによっては、「Ubuntu」選択後、文字化けした青か赤の画面が出ます。もし不幸にもそんな画面が出ても慌てないように。

 でも、文字化けした画面が出てしまうPCの場合、ほぼ間違いなく「CompizFusion」は使えないのでそのつもりで。

 文字化けしてる場合、途中1回だけ何かを聞かれてる画面で止まるので(内容不明)、気にせずに「Enter」キーを押してください。そのまま勝手に進み始めますから。


 で、後は勝手に終わるまでひたすら待つのみ。
終わったら、最初にダウンロードしたWubiは消しても問題ありません。ただし、再インストールが必要な場合もあるから、残しておいた方が無難かな。


------------------------------------------


 再起動後の所要時間は30分前後見ておけばいいでしょう。
ちなみに我が家のPCの場合、ダウンロード(Windows上でのインストール画面)で50分弱、再起動後のインストールで20分ちょっとで、途中文字化け画面が出ました。

 スペックは、Pen4(2GHz)、DDR2 533(2GB)、VIA P4M900+VT8237A(グラボ装着無し)、IDE80GB(詳細不明:あ、これインストールしたドライブの話)といった感じ。インターネット環境はフレッツ光。



 今までLinuxのインストールをやってみた事のある人なら、Ubuntuのインストールがどれだけ簡単か分かって頂けると思う。しかも、気に入らなければ簡単に元の環境に戻せてしまうのだから。

 その際は、Windowsを起動して、コントロール・パネルの「プログラムの追加と削除」からWubiをアンインストールすれば、環境は元に戻ります。


------------------------------------------


 インストール後については、書店にUbuntu関連の本が出回ってるので、そちらを読んでください。

 また、Linux用のアプリケーションについては下記の書籍が結構参考になると思うので、読んでみては如何でしょうか。

linux100_2.jpg



 最後に1つ。
上記の手順で、簡単にUbuntuはインストールできるもの、環境によってはうまくいかない事もありますし、最悪、Windowsさえ起動しなくなる事もあります。

 Linuxは基本的にフリーのOSですので、何が起きても「自己責任において」処理する必要があります。誰も助けちゃくれないよ。

 以上を理解した上で、Linuxで遊んでみてください。
高価なアプリケーションをWindows上で動かしてでできる事は、ほとんどLinux上のフリーのアプリケーションでできる事に気づくはずだし、今までとは違ったPCとの付き合い方もできるはず。





Secret
(非公開コメント受付中)

Web検索

お気に入りリンク
訪問してくれた方の数



Since July 27 ,2007



sugarsync_logo.gif


忍者AdMax





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。