*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




要注意!!7月9日以降ネットにアクセス出来ない!?

DNS Changer.jpg

現在世界中で35万台の感染PCの存在が確認されていて、日本国内でも相当数のPCが感染している事が報告されている「DNS Changer」というマルウエアを利用していた犯罪グループが2011年末にFBIに逮捕され、「DNS Changer」に感染したPCをコントロールするサーバ群が差し押さえられました。

感染時に情報を書き換えられたPCにおいて名前解決に使用されていたDNSサーバは、感染PCにおける対策などの為の通信を確保する目的でFBIにより継続運用中。

ところが、2012年7月9日に運用が終了する見込みで、「DNS Changer」に感染しているPCは、それ以降Webサイトの閲覧やメールの送信などができなくなる可能性があります。


「JPCERTコーディネーションセンター」(JPCERT/CC)では、2012年5月22日にプレスリリースでこの事を伝えると共に、「DNS Changer」の感染の有無を確認できる「DNS Changer マルウエア感染確認サイト」を公開しました。運用期間は7月9日迄の予定。


利用方法は、ブラウザから「DNS Changer マルウエア感染確認サイト」にアクセスするだけ。アクセスするPCが不正なDNSサーバーを参照していないかどうかで、「DNS Changer」の感染の有無を判定する仕組み。

「Internet Explorer9.0.8112.16421」「Google Chrome19.0.1084.52」「Firefox12.0」で動作確認しましたが、全てのブラウザで正常に動作しました。


「感染の可能性あり」と判定・表示されると、ウイルス対策ソフトの定義ファイルを最新のものに更新しシステム全体のスキャンを行うように案内されます。ウイルス対策ソフトのないユーザーの為に、各社が提供しているスキャンツールのリンクも掲載してるとの事。

駆除後、感染確認サイトに再度アクセスし、再び「感染の可能性あり」と表示された場合は、使用しているルーターのDNS設定も確認するよう求められます。「DNS Changer」の亜種(=変種)がルーターのDNS設定を変更するケースも確認されているようです。


尚、ウェブアクセスにProxyを使用している場合など、正しく確認できない場合があるので、判定結果によって感染していない事を保証するのものではないとの事。


是非1度チェックする事をお勧めします。
我が家のPCは「DNS Changer マルウエアの感染は確認できません」でした^^




忍者AdMax


スポンサーサイト




Web検索

お気に入りリンク
訪問してくれた方の数



Since July 27 ,2007



sugarsync_logo.gif


忍者AdMax





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。